ヤマダ電機、顔認証決済サービス「ヤマダ Pay」を導入

ヤマダ電機、顔認証決済サービス「ヤマダ Pay」を導入

ヤマダ電機は2月28日より、YAMADA web.comの5店舗で顔認証決済サービス「ヤマダ Pay」を導入しました。LABIカード会員の「ケータイ de クレジット」登録者が対象。

ヤマダ電機は2019年11月から同社本社内で実証実験を実施していました。トリプルアイズの顔認証決済システムによるサービスの店舗導入を視野に入れたものです。人工知能(AI)を活用した画像認識により、顧客の年齢や感情を読み取りサービス向上へつなげられると考えられています。

顔認証の登録にはAndroid向けの顔登録アプリが必要で、iOS版のリリースは後日提供予定。

今回「ヤマダ Pay」を導入したのは東京都内2店舗のほか、「YAMADA web.com仙台センター店」、「同神戸北店」の5店舗で、今後導入店舗を増やすかは未定とのことです。