【気づいたら未払いだった!!】ソフトバンクエアーの料金未払いだった時の解決策を徹底解説!

【気づいたら未払いだった!!】ソフトバンクエアーの料金未払いだった時の解決策を徹底解説!

 ソフトバンクエアーを使用中に、うっかり支払いができていないことに気づく事ないですか??

結論、料金を支払えば何ら問題はないですが、もし未払いのままだとWi-Fiの利用ができなくなるのは勿論、最悪の場合は裁判沙汰になるかもしれません。
そのためには、もし支払い忘れになった場合どう対処していくのか以下の流れで紹介します。

Advertisement

| ソフトバンクエアーの料金未払いだとどうなる?

ソフトバンクエアーの支払い方法には、クレジットカードと口座振替があります。
うっかり、支払日までに口座残高が不足していたなんてことがあります。

さらに毎月26日もしくは27日の支払い日に滞納があると、、、

翌々月に利用停止

そしてさらに未払いだと、、、

さらに翌月には強制解約

となってしまいます。

個人差もあるみたいですが場合によっては、未払いの当月から利用停止になることもあるみたいです。

| 強制解約までのカウントダウン

ステップ1
26日or27日の支払い日に未払いとなる

【ステップ2
コンビニエンスストア払込票が届く

【ステップ3
それでも支払わないと、未払い日から約1~2ヶ月後に利用停止となる

ステップ4
さらに放置しておくと、未払い日から約3ヶ月後に強制解約となる

| 未払いを放置してしまった時のその後

上記でお伝えしているように、未払いを放置していると最終的には強制解約になります。
その場合、ブラックリストに入ってしまうので、どんな理由があっても料金未払いは自身の信用情報に傷がつきます。

Advertisement

| ブラックリストに入ってしまうと

ブラックリストとは、支払いが滞った場合や破産が生じた場合などに事故情報や延滞情報として金融機関の個人信用情報に登録されることを指します。

ブラックリストに登録されると、あらゆる機関のあいだで共有されているため、分割審査が通らなくなることや新規のクレジットカード、自動車ローン、住宅ローンなどの利用も一定期間(5~10年)制限されることになります。

現に携帯電話の販売員として働いていると、分割審査が通らない人もたくさんおりますが、分割ならまだしも基本審査(支払い能力の有無)に通らず、他人の名義で契約しなければいけない方も見かけることがございます。

| 料金未払いを解決する方法

まずは、未払いが発覚した時点で必ずお支払いください。
ソフトバンクエアーの未払い解消は、登録されているお支払い方法により異なります。

<携帯電話との合算請求の場合>

ソフトバンクからコンビニエンスストア払込票が発行されますので、お近くのコンビニでお支払いください。

<ソフトバンクまとめて請求>

翌月に払込票が発行されますので、お手元に届きましたらお支払いください。

<Yahoo!ウォレット>

翌月に2ヶ月分まとめて引き落としされます。
2ヶ月分まとめて口座振替できなかった場合は、発行される払込票でお支払いください。

<ソフトバンク請求>

翌月に払込票が発行されます。

払込票は、現金支払いのみなので、クレジットカードや振込は取り扱われていません。

払込票が来るまでに未払いを解消したいという方は、公式オンラインサイトにて支払い手続き方法があります。

My Softbank→支払い期限が過ぎた料金の支払いについて

| 払込票の支払い期限が過ぎてしまった場合

支払い期限後のコンビニエンスストア払込票の利用、再発行はできません。
支払い期限切れや紛失などの場合でも、口座振り込みやクレジットカードでのお支払いができないため、毎月20日前後に発行される次回のコンビニエンスストア払込票をお持ちください。

Advertisement

| どうしても支払いができないときは

都合上、どうしても支払いができないときは、強制解約になる前に解約申請を行なってください。
もし、強制解約になり放置すると、ソフトバンクから債権回収代行へ請求担当が代わり、債権回収会社からの請求がきます。

それでも無視続けると、裁判所へ提訴されることもあります。

以上、ソフトバンクエアー の支払いが未払いになった際の解決方法と万が一、未払いのままだとどうなってしまうのかについて解説しました。

まとめ【未払いから強制解約】

1.毎月の26日or27日の支払い日に未払いになってしまう。

2.コンビニエンスストア払込票が届きます。

3.それでも未納→最初の未払い日から1~2ヶ月後に利用停止

4.さらに放置→最初の未払い日から3ヶ月後に強制解約

1.コンビニエンスストア払込票が届く。

2.うっかり忘れてしまう。→利用停止

3.コンビニエンスストア払込票が届く。

3.うっかり忘れてしまう。→強制解約

My Softbank→支払い期限が過ぎた料金の支払いについて

強制解約になる前に→ソフトバンクエアー解約窓口

強制解約となり、さらに放置すると裁判沙汰なんてことあるため、サービスを利用する場合は、毎月の料金を支払日に支払うこと忘れないようにしましょう。