『AMD Ryzen Threadripper PRO』シリーズを発表。プロフェッショナル・ワークステーション向けのCPU

『AMD Ryzen Threadripper PRO』シリーズを発表。プロフェッショナル・ワークステーション向けのCPU

 AMDが7/14(現地時間)にプロフェッショナル・ワークステーション向けのCPU『Ryzen Threadripper Pro』シリーズを発表しました。

 『Ryzen Threadripper Pro』は『Ryzen Threadripper』をベースとし、企業向けに開発されたCPUとのこと。(主に開発、研究者、エンジニア、デザイナー向け)

 シリーズ最上位の『Ryzen Threadripper PRO 3995WX』は64コア、128スレッドとなっており、DDR4-3200を8チャンネル、最大2TBまでサポートすることになっている。

 さらにRDIMMやLRDIMMといったサーバー向けのメモリにも対応。またセキュリティ機能としてAMD PROテクノロジーセットが組み込まれている。

 今回『Ryzen Threadripper PRO』を初搭載させるのが、『LenovoのThinkStation P620』である。

『Ryzen Threadripper Pro』4モデル

モデル コア/スレッド数 ベース/ブースト周波数 合計キャッシュ数
3995WX 64/128 2.7/4.2GHz 288MB
3975WX 32/64 3.5/4.2GHz 144MB
3955WX 16/32 3.9/4.3GHz 72MB
3945WX 12/24 4.0/4.3GHz 70MB
Advertisement
AMD公式HPから引用させていただいています

※画像、詳細はAMD公式HP、Lenovo公式HPから引用、抜粋させていただいています