AppleとGoogle共同開発APIの詳細を公開。新型コロナウイルス対策

AppleとGoogle共同開発APIの詳細を公開。新型コロナウイルス対策

AppleとGoogleは新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大を受けて開発中のアプリ画面やガイドラインを公開しました。

アプリの共同開発については、先月発表され話題となっていました。

Advertisement

共同開発しているのは新型コロナウイルス感染者と濃厚接触した人へBluetooth機能を利用し通知を送るというもの。

二次感染を減らす目的で、AppleとGoogleが共同でAPI開発をしています。

今回、iOSとAndroidそれぞれでのアプリのサンプル画像も公開されました。開発途中なので、デザインは異なる場合があります。

画面の指示に従って「有効にする」をタップすればアプリが有効に。

出典:IT media NEWS

新型コロナウイルスに感染していた場合、「陽性結果をシェアする」かどうかを選択できます。

画面に従い「シェアする」ボタンをタップすれば完了。

出典:IT media NEWS

新型コロナウイルス感染者と接触していた人のスマートフォンには、下記画像のような通知が届きます。

出典:IT media NEWS

また、AppleとGoogleは曝露通知API使用アプリに関してのポリシーも公表。

  • アプリは政府の公衆衛生当局によって作成する必要がある。また、新型コロナウイルスの取り組みにしか使用しない
  • API使用前には、ユーザーの同意を求める必要がある
  • 新型コロナウイルス陽性結果を公衆衛生当局へ共有する前に、必ずユーザーの同意を求める
  • アプリは新型コロナウイルス対策にのみ使用し、他の目的への使用は許可されない
  • アプリから位置情報サービスへアクセスすることは禁止されている
  • API使用は国ごとに1つのアプリに制限する。ただし、国が地域または州のアプローチを選択する場合は当局を支援する準備がある
Advertisement