AppleとGoogleが新型コロナウイルス濃厚接触通知システムを共同開発へ

AppleとGoogleが新型コロナウイルス濃厚接触通知システムを共同開発へ

AppleとGoogleは4月10日(現地時間)、新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大を防止する開発を共同で行うと発表しました。「Bluetooth」を活用し、感染者と濃厚接触した可能性がある人へ通知をする仕組み。

Advertisement

新技術は、無線通信技術「Bluetooth」を活用。濃厚接触の可能性を検出・追跡する仕組みで、お互いの識別情報を端末に保存します。

新型コロナウイルスに感染した場合、本人の同意を得て過去14日間のスマートフォンの識別情報がクラウド上のシステムに送られます。そして、濃厚接触の可能性がある人々にスマートフォンへ通知が届くというもの。

接客業や運送業など、不特定多数の人と接する仕事をする人にとっては、不安軽減になる機能ですね。

共同開発されるシステムは5月にAndroid・iOS間での相互運用が可能なAPIをリリース。その後、APIを組み込んだアプリをApple StoreとGoogle Playで公開予定。

プライバシーに関して、AppleとGoogleは「プライバシーや透明性、同意は何よりも重要」としています。また、識別情報は匿名化した上で更新するため、誰が感染したのかはAppleやGoogleも把握不可能。

なお、周囲に人がいたかを判断する目的のため、GPSなどの位置情報は収集しないと説明しています。

Advertisement