【フレッツ光クロス】NTT東西が最大10Gbpsの光回線を3月より受付開始!!

【フレッツ光クロス】NTT東西が最大10Gbpsの光回線を3月より受付開始!!

東日本電信電話株式会社(NTT東日本)および、西日本電信電話株式会社(NTT西日本)は、これまでの最大1Gbps「フレッツ光ネクスト」に加え、通信速度が上り、下りの最大10Gbps「フレッツ光クロス」を2020年3月16日(月)より事前受付を開始します。

Advertisement

NTTの光回線を用いる、「光コラボレーションモデル」も対象モデルとのことです。
今回のサービス提供の背景には、以下のように伝えられています。

昨今、高精細4K・8K映像といった映像コンテンツの高品質化、オンラインゲームやxR(VR,AR,MR)技術を用いた新たな体験の広がり等により、お客さまが大容量データ通信を必要とするサービスをご利用される機会が増加しております。また、2020年度からモバイル事業者による第5世代通信(5G)が本格提供されることにより、モバイル通信の高速化が見込まれることに加え、Wi-Fi6の登場による家庭内無線LAN環境についても高速化が見込まれるため、固定通信における通信速度の高速化のご要望が増々高まる状況となっております。このような、お客さまからの高速・大容量通信のご要望にお応えすべく、これまでの通信速度最大概ね1Gbpsサービス「フレッツ 光ネクスト」に加え、新たな高速光アクセスサービスとして、本サービスを提供いたします。

「NTT東日本」公式サイトより
https://www.ntt-east.co.jp/release/detail/20200218_01.html

| サービス提供イメージ

画像参照元:「NTT東日本」公式サイトより

| あくまでも最大値が10Gbps

最大概ね10Gbpsとは、技術規格上の最大値であり、実際の通信速度を示すものではありません。本技術規格においては、通信品質確保等に必要なデータが付与されるため、実際の通信速度の最大値は、技術規格上の最大値より十数%程度低下します。また、お客さまのご利用環境(端末機器の仕様など)や回線の混雑状況などにより大幅に低下することがあります。

「NTT東日本」公式サイトより

| サービス詳細

サービス名称フレッツ光クロス
最大通信速度10Gbps
提供タイプファミリータイプ(※現状)
利用可能なオプションフレッツテレビほかフレッツ光にて利用中のサービス(※詳細は以下より)
プロバイダ別途契約(IPoE方式対応に限る)
接続方式IPoE方式

| 利用可能なオプションサービス

画像参照元:「NTT東日本」公式サイトより

| 月額・初期費用 (個人/法人ともに同一料金です。)

月額料金6,300円
初期費用契約料:800円
工事費:18,000円
フレッツ光クロス
(Wi-Fi6対応)レンタルルータ
500円/月

| 月額料金の割引

【NTT東日本】クロススタート割

「フレッツ光クロス」を新規にお申し込みされた方を対象に月額料を30ヶ月間割引となります。

適用対象割引内容
2020年11月30日(月)までに開通月額料より1,200円/月割引(30ヶ月間)

【NTT西日本】はじめ割

「フレッツ光クロス」をご利用されている期間中は継続して1,100円の割引となります。

適用対象割引内容
サービスを継続して利用される方月額料1,100円/月割引

※NTT西日本では、「はじめ割」を適用すると2年定期契約となるため、契約期間中の解約は10,000円の解約金が発生します。NTT東日本についての解約金について確認中です。

| 提供エリア/事前受付開始日/提供開始日

【NTT東日本】

2020年3月16日(月)受付開始の2020年4月1日(水)提供開始

NTT東日本東京23区の一部より順次拡大
(足立区、杉並区、江戸川区、練馬区、世田谷区、葛飾区、大田区、板橋区の一部から提供開始予定)

【NTT日本】

2020年3月16日(月)受付開始の4月1日(水)提供開始

大阪市

2020年5月11日(月)受付開始の6月1日(月)提供開始

名古屋市

まとめ

NURO光やau光に続き、ようやくNTTも高速のインターネットの提供開始が予定されています。
ただ、「フレッツ光クロス」は光電話に対応していない、マンションタイプ提供不可のため、利用できるユーザーは限られるかもしれません。

今後、ますます高品質のコンテンツや5Gに向けてあらゆる製品、サービスが提供されるのではないでしょうか。