サムスンがGalaxy Buds+を発表!前モデルとの違いは?

サムスンがGalaxy Buds+を発表!前モデルとの違いは?

2月12日にSamsung(サムスン)の新製品発表会「Galaxy UNPACKED」が米サンフランシスコで開催されました。

会場では折りたたみスマートフォンGalaxy Z Flipや「Galaxy S20」シリーズが発表されるなか、完全ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds+」の詳細が明らかになりました。

完全ワイヤレスイヤホンGalaxy Buds+

Galaxy Buds+はGalaxy Budsの後継機です。

スタイルは前モデルのGalaxy Budsを引き継ぎつつ、バッテリー駆動時間やイヤホン本体のバッテリー容量が増えるなど嬉しい変化が数多く発表されました。

バッテリー駆動時間が最大22時間に

Galaxy Buds+の大きな変化といえば、なんといってもバッテリー駆動時間の延長です。

前モデルGalaxy Budsが最大13時間再生だったのに比べ、Galaxy Buds+は本体のみで11時間再生+充電ケースでさらに11時間の計22時間と最大9時間も再生延長という驚異のアップグレードです。

イヤホン本体のバッテリー容量も増加

さらに、イヤホン本体のバッテリー容量が58mAhから85mAhに増加されました。

イヤホン本体の重さは5.6gから6.3gと少し重くなっていますが、ケースの重量は39.6gと前モデルと同じです。

マイクが3つ構成に

イヤホンには外側に2つ、内側に1つの計3つのマイクが搭載されています。

AirPods Proのようなアクティブノイズキャンセリングではありませんが、外のノイズを除きクリアな音声にしたり、外の音を聞き取りやすくするアンビエントサウンドモードが前モデルよりも改善されたそうです。

ケースへの充電はQiによるワイヤレス充電に対応しており、Galaxy S20などサムスンのスマートフォンとケースを接触されることで充電が可能です。

また、約3分間の充電でおよそ1時間の音楽再生が可能な急速充電性能も備わっています。

Galaxy BudsとGalaxy Buds+比較

  Galaxy Buds+ Galaxy Buds
バッテリー駆動時間 計22時間(本体11時間再生+充電ケース11時間) 計13時間再生(本体6時間再生+充電ケース7時間)
イヤホン本体バッテリー容量 85mAh 58mAh
マイク 3つ(内側1つ、外側1つ) 2つ(内側1つ、外側1つ)
充電速度 約60分間再生/約3分間充電 約100分間再生/約15分間充電
重さ(イヤホン本体) 6.3g 5.6g

Galaxy Buds+は米国で2月14日に発売されます。価格は149ドル(約16,000円)とのことです。