【次世代ゲーム機】噂のPS5の情報まとめ

【次世代ゲーム機】噂のPS5の情報まとめ

2020年末に発売予定と発表されたPlayStation5(以下PS5)ですが、以前から様々な情報や噂が流れていました。
世界的に期待値が高いので様々な情報が流れています。
ここでは現段階でわかっている情報をまとめていきます。

1.PS5のスペック

現在わかっているスペック
・最新世代のAMDチップ搭載
・CPU:x86-64-AMD Ryzen “Zen2”, 8コア/16スレッド
・GPU:AMD RDNA(Radeon DNA)ベースグラフィックスエンジン

PS4の最低2倍のスペックと言われているハード性能に加えてGPUの性能が向上したことでレイトレーシングをサポート出来る様になったそうです。
レイトレーシングとは光の動きを物理法則に沿ってシミュレートするので映像のクオリティがあがり更に実写に近い描写が可能になります。
更に、8K映像出力にも対応する様ですのでより美麗な映像を楽しめますね。

PS4ではなにかと話題になっていたロード時間ですが、超高速アクセス可能なカスタムSSDが搭載されることにより電源を入れると即時起動し、ゲーム中のロード時間もほとんどいらなくなります。
MHW:IBのような美麗な映像でマルチプレイするようなゲームでも瞬時に読み込んでクエストを開始出来る様になります。
ロード時間へのストレスはフリーになりそうですね!

オーディオにも力を入れている様で立体音響にも対応です。
どこまで対応するか現時点では不明ですが、PS4とPSVRと互換性をもつようです。

2.コントローラーも進化する

PS5で変わるのは本体だけでなくコントローラーも進化するそうです。
「ハプティクス」が搭載されることにより、従来のコントローラーの振動が大幅に変化します。
FPS等で銃を撃つと発砲の反動が来たり、密林で雨が降っているシーンであれば雨の水滴の感覚が手に伝わって来る等、プレイしているゲームに合わせてコントローラーからリアルな振動を与えてくれるそうです。
振動までリアルになるとよりゲームへの没入感を得られますね。

更にL2/R2ボタンが「アダプティブトリガー」と名前が変わります。
ただ押すだけのボタンでなくなり、例えばトゥームレイダーで弓を引くとその動作に応じた抵抗を持つそうです。
ゲームによって様々な動作、抵抗力を感じる事が出来るので、ゲームの世界をよりリアルに感じながらプレイ出来ます。
今まで振動は私の感覚だとおまけ程度の機能でしたが、これが本当に体験できるのならかなり期待できます!

3.PS5はクラウドゲームにも注目

ソニーはすでに「PlayStation Now」でゲームストリーミングサービスを展開しています。
今後、ますます増えていくであろうゲームストリーミングとクラウドゲームではPS5とPSVRの組み合わせによりいつでもよりリアルなゲーム体験が可能になるでしょう。
クラウドゲームは携帯電話の次世代通信網「5G」が2020年春から本格的にスタートすることによりスマホでの展開が大きく取り上げられています。
私自身もこの話題にはかなり興味があり、早く実装されないかとワクワクしています。
しかし、スマホでお手軽にプレイ出来たとしても臨場感や迫力はPlayStationには勝てません。
クラウドゲームの展開に合わせてPS5がどう位置付けして格差展開していくか今後の情報に期待です。

4.PS5の価格

今までのゲームプレイを一層進化させてくれそうなPS5の価格はまだ正式発表されていません。
PS4Proが発売された時は44,980円だったのでスペックを考えるとそれ以上でっしょう。
噂では60,000円台になるのではないか等流れていますが、それだと飛び付きにくい価格設定になり得るかと思うので50,000円〜55,000円くらいになるのではと予想してます。
私はそれくらいであって欲しいと願っています。

5.PS5でプレイできるソフト

PS4やPSVRと互換性があり、既存のソフトでも十分に楽しめるかもしれませんが、どうせならPS5に合わせて作られたゲームで遊びたいですよね。
現段階では「Godfall」と言う1作品がPS5と同時期に発売予定と発表されているのがあります。
「Godfall」はTPSの接近格闘を主軸にしたファンタジー系ルータースラッシャーです。
すでにトレーラーも公開されているのでこちらで紹介します。