楽天モバイルって実際どうなの?メリットやデメリットまとめ

楽天モバイルって実際どうなの?メリットやデメリットまとめ

近年LINEモバイルやYmobileなど、格安スマホに乗り換える人が増えてきました。
なかには楽天モバイルに乗り換えようと考えている人もいるのではないでしょうか?
今回は楽天モバイルについて詳しくご紹介します。

楽天モバイルとは

楽天モバイルは楽天が運営しているモバイルサービスです。

3大キャリアと呼ばれるKDDI、docomo、SoftBankよりも月額料金をかなり安く抑えることができます。

スマホの契約数が1位になるなど楽天モバイルに関心がある人が現在上昇しています。

楽天モバイル公式サイト

こんな人は楽天モバイルがおすすめ

毎月のデータ通信量が少ない

インターネット、アプリなど毎月のデータ通信量が少ない場合、通信量に満たずに契約した料金をよけいに支払っている可能性があります。

自宅ではWi-Fiを利用している、You Tubeなどの動画はパソコンで観るなどスマホは最低限の利用という人は楽天モバイルへの乗り換えがおすすめです。

2台持ちをしたい

仕事関係でスマホの用途を分けたい、子供へ初めてのスマホを持たせたいという人にも、楽天モバイルはおすすめです。

携帯電話事業者のサービスを使っていない

キャリアメールや連絡先のバックアップなどを利用していない人にも乗り換えをおすすめします。

割引サービスを契約していたとしても、格安スマホへ乗り換えたほうが月額料金をかなり節約することができます。

家族や友人とのやりとりはメールではなくLINEなどのアプリを利用している人におすすめです。

現在docomoのスマートフォンを利用している

楽天モバイルはdocomoネットワークを利用しています。そのため、現在使用しているdocomoのスマートフォンにSIMカードを差し替えるだけで格安スマホとして利用することができます。

携帯電話本体の料金が浮きますし、docomoの通話品質や通話エリアもそのまま利用可能です。

楽天モバイルのメリット

料金形態がシンプル

楽天モバイルの料金形態はとてもシンプルで、月額料金(基本使用料+データ通信料)と電話した時間分だけの通話料がかかるだけです。特別なプランや定額プランなどで余分に払ってしまっている料金を節約することができます。

docomo回線なので通信が気にならない

楽天モバイルの通信回線はdocomoを使用しています。そのため、通信速度に困る心配はあまりありません。

また、2019年には自社で基地局を整備する携帯キャリア事業を開始しました。混雑な場所や時間帯によっては不安定になるようですが、それほど不自由を感じることはないようです。

楽天モバイルのデメリット

高速通信使いきったあとの通信速度は落ちてしまう

当然ですが、通信速度を使い切ってしまうと速度は落ちてしまいます。動画が観れなくなったりSNS画像の読み込みが遅いなどでストレスを感じてしまうかもしれません。

速度節約のために低速通信へ切り替えるのもいいでしょう。

チャットサポートが繋がりにくい場合がある

楽天モバイルはチャットサポートサービスがありますが、夕方頃まで繋がりにくいという意見が多いようです。

また、電話も繋がりにくいことが多いようなので、問題を解決するには時間がかかるとかんがえておいたほうがいいかもしれません。

楽天モバイルへの契約方法

新規申し込み

楽天モバイルへの新規申し込みは以下のステップで行うことができます。

1.Webから申し込み

2.契約者の本人確認書をアップロード(通話SIM・050データSIM)

3.端末とSIMカードが発送されてくる

4.受け取り

MNP転入

現在使用している電話番号をそのまま使いたい場合、MNPの転出・転入の手続きが必要です。

MNPとは

電話番号をそのままで他キャリアへ乗り換えること

現在使用しているキャリアのMNP手続きを行うと、MNP手続きが完了するまで2〜3日ほど通話利用ができなくなるので注意が必要です。

Advertisement

まとめ

メリットやデメリットどちらもありますが、楽天モバイルはプランが豊富なので、自分に合ったプランを選べるでしょう。

携帯料金を安くしたいと考えている人は楽天モバイルを検討してみてはいかがでしょうか?