【販売員だからわかる!!】スマホを最安で購入する方法!!

【販売員だからわかる!!】スマホを最安で購入する方法!!

 ドコモでは、2026年春を目処に3G回線の廃止を発表されました。
廃止に伴い、今まで3G回線を利用されていた方がスマホや4Gガラホに機種変更する際に端末割引を受けることができます。

2019年10月以降に法改正で、端末代金の過度な割引やキャッシュバックは規制されていますが、3Gから移行する場合には割引の規制は対象外なのです。

 そこで、現在3G回線で契約をされていない方でも、端末割引を適用する方法を解説します。

本情報は、2020年1月現在の情報のため記事をご覧いただいている時期によっては変更している場合がございますのでご了承ください。

3G回線の契約はできるのか

 冒頭で説明している通り、NTTdocomoは3G回線の廃止を決定しております。
そして、3G回線の契約されている方には、スマホや4Gガラホに切り替えるにあたって、端末割引や月々の割引の適用を行い、切替えを促進しています。

では、3G回線を契約すれば通常より安く機種変更ができるのではと考える方もおられますが、3G回線の新規受付はドコモ公式ホームページで伝えられている通り不可能です。

「バリュープラン」「ベーシックプラン」は、2019年9月30日(月曜)をもって、新規受付を終了いたします。

ただし、現在、バリュープランをご契約中のお客さまは2019年10月1日(火曜)以降もバリュープラン間内の変更、ベーシックプランをご契約中のお客さまはベーシックプラン間内の変更が可能です。

『ドコモ公式ホームページより』

https://www.nttdocomo.co.jp/charge/bill_plan/plan/

3G回線を契約していなくても、それ同等の端末割引や月々割を適用する方法がございます。

それは、キッズケータイを契約することです。

キッズケータイの契約

 現在、ドコモでは2機種のキッズケータイを発売しております。

2017年3月3日発売 『F-03J』
2020年1月17日発売 『SH-03M』

上記、2機種のうち『F-03J』は、3G回線同等の割引を適用できます。
それでは、『F-03J』の契約で同等の割引を適用するとどのくらい安いのかについて解説して行きます。

どのくらい安くできるのか

まず、キッズケータイを契約してすぐに機種変更しても恩恵を受けることができません。

『割引を適用する方法』

・キッズケータイ『F-03J』の契約

・契約後、18ヶ月間以上の利用

18ヶ月間以上利用というのは、ドコモの割引キャンペーン『はじめてスマホ割』を適用するために必要な条件になってきます。
少々ハードルが高いですが、それ以上に今後は恩恵を受けるのではないのかと予想します。

根拠として、現在3Gもしくはキッズケータイ契約の方を対象にドコモショップで行っているキャンペーンは以下通りです。

『現在のキャンペーン情報』

・はじめてスマホ割適用可能
初回適用月から最大12ヶ月間、1,000円/月の割引

・端末代金一括0円割引 ※iPhone XR(128GB)の場合

| キッズケータイを契約後にかかってくる費用

18ヶ月間合計の基本料金9,000円(キッズケータイプラスの場合)+機種代金11,880円

計20,800円

| iPhone XRへ機種変更した場合

iPhone XR

・機種代金118,580円(頭金含む)に対して同等額の割引で一括0円
※ドコモショップにより異なります。

・はじめてスマホ割1,000円/月の12ヶ月間割引で12,000円

キッズケータイの維持費を差し引くと、通常で購入するよりも109,780円お得に機種変更できます。

ただ、キッズケータイの18ヶ月間利用した際にどのようなキャンペーンになっているかは不明ですが、上記のように現在のキャンペーン情報にあてはめると、かなりお得に購入できるのではないでしょうか。

こちらの端末割引はドコモショップの情報のため公式オンラインショップや家電量販店では異なります。

よければご参考にしてみてください。