スマホを紛失してしまった!慌てないためにできることとは?

スマホを紛失してしまった!慌てないためにできることとは?

どんなに気をつけていても、不意に訪れてしまうスマホ の紛失!これを知っていれば緊急事態でも冷静に行動できる方法をご紹介します。既に落とされた方も、まだ落としていなくても予防したい方は必見です。

スマホを紛失したら?

スマホを紛失したら、まずは心当たりがあるところを探し、周囲の人や警察に協力を求めます。。。が、それだけでは不十分ですよね。スマホを紛失した際には、どのような対策をとるべきなのか、ご紹介します。

iPhoneを紛失

iPhoneを紛失した場合、iPhoneに初めから入っているアプリの「iPhoneを探す」を利用します。

友人や家族、もしくは自分でもう一台持っているiPhoneで「iPhoneを探す」を起動し、探したいiPhoneのApple IDとパスワードを入力します。

そして、「アクション」を押します。この操作で、三つのことができます。

  • 探しているiPhoneのサウンドを再生する
  • 探しているiPhoneを紛失モードにする(iPhoneをロックし、見つけた人に対して連絡先やメッセージなどを表示する)
  • 探しているiPhoneのデータを消去(この場合、iPhoneを探すも使えなくなる)

近くにあればiPhoneのサウンド再生でどこにあるか見つかりますし、遠くても紛失モードにしておけば、誰かが見つけてくれる可能性もありますね。

Androidを紛失

Androidを紛失した場合、Googleが提供している「端末を探す」というサービスを使ってスマホを探すことができます。事前にインストールしておきましょう。使い方は、iPhoneを探すと同じようなものです。

友人や家族の端末、もしくはパソコンから「端末を探す」に無くしたスマホのGoogleアカウントでログインします。

すると、アカウントに紐づいている端末が表示されるので、紛失してしまったスマホを選択します。すると再度ログインを求められるのでログイン。端末を探すを選択します。

「端末を探す」には次の機能があります。

  • GPS機能によるスマホ位置の特定
  • 遠隔操作でスマホの音を鳴らす
  • スマホのロック、「紛失しました」などのメッセージ表示
  • スマホデータの消去

と、「iPhoneを探す」とだいたいの機能は同じですね。

参考・画像引用:Androidスマホをなくした時に役立つ『端末を探す』機能 使い方や設定方法を解説

「iPhoneを探す」「端末を探す」の注意点

ですが。「iPhoneを探す」「端末を探す」が機能しない場合もあるんです。。

  • 紛失したスマホの電源が入っていない
  • 紛失したスマホが電波が入らないところにある
  • 紛失したスマホのGPS機能を切ったまま

このような場合には、「iPhoneを探す」「端末を探す」は機能しません。どうしようもないですが。。。。。

スマホの紛失予防

スマホ を紛失するのが良くある場面は、気が抜けている時や忙しい時が多いです

例えば飲食店から出る時、出先、休憩後などなど、、、、

ではどうやって紛失を予防するのかを紹介します。

チェックの習慣

まず、一番大切なのは自身の心掛けです。カバンのどこにスマホを入れるか、きちんと決めておきましょう。ポケットにしまうという場合でも、必ずどちらのポケットに入れるか決めておくことが必要です。そして、職場や飲食店を出る際には、必ず決めた場所にスマホを入れているか、チェックする習慣をつけましょう。

紛失予防アイテム

しかし、「意識する」なんてものは不確かではないでしょうか。

スマホの紛失対策につかえるグッズをご紹介します。

MAMORIO

これは、GPSが埋め込まれた世界最小の落し物防止タグです。スマートフォンやキーケースなどにつけて、スマホと連動させることでどこにあるか常に確認することが出来ます。

しかし、今回はスマホの紛失対策ですから、これはもう一台スマホを持っていない限りは意味がないですよね。。。

TileMate

このTile MateとスマートフォンをBluetoothで接続することで、Tileをつけたものの場所を音でお知らせしてくれます。

Tile本体のボタンをダブルクリックすると、逆にTileからスマートフォンを鳴らし、見つけることもできます。

紛失してしまったときに備えよう!

スマホ紛失して見つからなかった場合、そのスマホに入っていたデータを失ってしまう、、、なんてことにもなりかねません。その対策をご紹介します。

  バックアップ

 iPhoneの場合はicloudがおすすめ

「設定」→「iCloud」→「iCloudバックアップ」とすすみ、オンにしておくだけで自動的にバックアップがとれます。他のiPhoneでも同じAppleIDでログインすると、バックアップがとれているため同じデータが入っており、大変便利で

Androidの場合はGoogleにバックアップ

Androidスマホは、だいたい自動でGoogleにバックアップされます。

「設定」→「アカウントとバックアップ」→「データをバックアップ」をオン

だいたいの場合、自動でオンになっていますが一応確認しておくのもいいですね。

参考・画像引用:https://time-space.kddi.com/digicul-column/digicul-joho/20170817/2074

まとめ

スマホ を落とした時に冷静にいられるかどうかは、バックアップや紛失設定によって発見の可能性が高められていたり、大事なデータを復元できる環境が作られているかにかかっています。

ですが、スマホを落とさないことが一番です。日々のチェックを習慣づけたり、紛失予防アイテムを利用したりしてスマホを大切にしましょう。