【コスパ最強】エレコムのおすすめスマホ周辺機器

【コスパ最強】エレコムのおすすめスマホ周辺機器

スマホさえあれば大抵の事が出来る現代。
ゲーム、音楽、写真、資金運用、情報収集など出来る事が多岐に渡ります。
そんなスマホをもっと効率良く使う為には周辺機器を揃えたい所。
多数のメーカーが様々な製品を出しており、高品質な製品は数万円する中、ELECOM(エレコム)株式会社(以下エレコム)の製品は低価格にも関わらず驚きの品質で提供されています!
今回はスマホでよく使われている機能をもっと使いやすく、楽しめるエレコム製品を紹介します。

イヤホン

エレコム製イヤホンの特徴

音にこだわりがなく、手軽に買いたい人には非常にオススメのメーカー。
主な特徴として次の3点があります。

・スマホに特化した機能

エレコムのイヤホンは様々なスマホに対応しているので、すごく使い勝手がいいです。

Bluetooth接続のワイヤレスイヤホンであればどの様なスマホでも機種を選ばずに使えますが、有線接続のイヤホンだとiPhoneだとイヤホンジャックがなくて変換アダプターが必要になったりと不便さが出てきてしまう…。
しかし、本メーカーはLightning端子に対応している製品があるのでiPhoneであったとしても使い勝手がかなり良い。

さらに、ハンズフリーで電話も出来る様にマイクと操作リモコンも搭載されているので、スマホとしての機能も使いやすい。

・すぐに手を出しやすい価格(とにかく安い)

音楽やラジオなどを気軽に楽しみたい。
けれど、イヤホンにお金をかけたくない。

一口にイヤホンと言っても性能にこだわると数万円とかなり高額商品があるが、エレコムのイヤホンは低価格なので、音域や音質にこだわらない人は本メーカー製品を試してみる価値は大いにある。

・低価格なのに高品質

低価格なイヤホンだと音が割れたり、音質が悪い、すぐに壊れると言った物も多いが、エレコムの製品は低価格にも関わらず質の高い製品が多い。

低価格でこれだけの品質と耐久性はハイスペックは高額イヤホンを出している他メーカーのイヤホンと比べてもかなり近い品質を持つ製品が多い。

オススメイヤホン

LBT-F11IP1

密閉しないセミカナル型なので、耳に合わないからちょっと…と言う人でも周りの音も聞こえやすいので使いやすい。
没入感を得たい人は購入時にシリコン製でフィット感のあるカナル型を選ぶ事も可能。

さらに、iPhoneを使っている人はLightning端子での有線接続タイプを選ぶ事も出来る。
ハイレゾ対応でAppleの正規ライセンスも取得しているので音質はハイレベル。

操作リモコンは音量調整と再生/停止ボタンの多機能リモコンを搭載。

LBT-HPC14MPXBK

流れる様なデザインと操作リモコンがボタン1つと言った極めてシンプルなデザインだが、6色のカラーバリエーションなので、どの様なファッション、シーンにも似合う。

Bluetooth(R)通信部とバッテリー部を分散して配置し、イヤホンコードが片側に偏らず、左右のバランスが取りやすいシンメトリー設計なので安定して使いやすい。

連続音楽再生最大は約6.0時間、連続通話は最大約6.5時間の使用が可能で、通勤、通学でも安心して使える。

AMA44813

φ10mmのダイナミックドライバーとPETフィルムをチタンコートした高剛性振動板を採用し、明瞭感ある高域と透明度のある中域、豊かな低域を実現。
ネオジムマグネットを採用ダイナミックでキレの良い低音も実現。

低価格なのにハイレゾにも対応していてかなりハイスペック。
ここまでのスペックをこの価格で提供できるのは本当に凄い!

音質にもこだわりたい人はこの製品も試してみてください!
コードキーパーも同梱されているので絡まらずに持ち運べるのも魅力的。

 EHP-LF10IMBBK

フィット感のあるシリコンカバーとセミカナル型を採用しているので圧迫感が少なく、長時間の使用でも疲れにくいのが特徴。
多機能リモコンも搭載されているのでハンズフリー通話も可能。

もちろんこの製品もApple正規ライセンス取得を取得しているので安心品質です。
買い換え検討の人はAppleの純正イヤホンを使う前にこちらの製品を試してみてください!

 LBT-TWS02BK

AppleやSONY、JBLなど様々なメーカーが出している流行りの完全ワイヤレスイヤホン。
他の企業の製品だと数万円する高額な製品が多いなか、エレコムの製品は驚く程低価格で手に入ります!

低価格なのに高品質なのがエレコムの魅力。
こちらの製品もイヤホンがわずか4g(片方)とめちゃくちゃ軽い!

さらに、オートペアリングにも対応しているので一度設定をしていしまえばあとばケースから出すだけですぐに使えるお手軽感。

イヤホン自体が多機能リモコンとして機能するので、通話や音楽を再生/停止を一々スマホを出して操作する必要なし!

ここまでの機能でこの価格であれば即買いで間違いなしです!

モバイルバッテリー

ゲーム、音楽、動画視聴/配信などスマホで出来る事が増えてくると当然バッテリー消費も増えます。
今も人気のアプリ「ポケモンGO」がリリースされた時はバッテリーの異常な消費でモバイルバッテリーが爆売れしてました。
この当時、家電量販店で勤務してましたが、本当に凄い売れ方でした。

「ポケモンGO」人気が落ち着いた今でもモバイルバッテリーはお出かけのマストアイテムと言えるでしょう。

モバイルバッテリーを選ぶ基準として

  • サイズ・重量
  • バッテリー容量
  • 出力電流2A以上か
  • ポート数

上記の4点を見て目的に合った物を選ぶと良いでしょう。

目的用途別にいつでも安心して使える高品質なエレコムのモバイルバッテリーを紹介します。

EC-M01BK

バッテリー容量は10,050mAhでiPhone 8は約3.3回、Galaxy S9は約2回充電可能と大容量なのに本体サイズは、102×70×25mmと手のひらサイズで持ち運びに便利なので普段使いにオススメの製品。
接続機器を自動で検知して、最適な出力でフルスピード充電を行う「おまかせ充電」に対応している。

最大3.6Aの高出力が可能なUSBポートを2つ搭載しており、モバイル機器を2台同時に充電できるのも魅力。

EC-M03WF

可愛らしい顔のイラストが特徴的なエレコムならではの製品。
私は始めてエレコムのモバイルバッテリーをみたのはこのシリーズでした。
可愛らしい見た目ですが、最大出力2.1A、5,000mAhの大きめの容量でiPhone8なら約1.6回充電可能と高機能。

本体重量145gと軽量なので女性よく使う小型ポーチでも楽々持ち歩けます。

ちょっとしたお出かけ時の非常用として活躍してくれる製品なので、持ってて損はないです!

DE-C19L-20000

20,000mAhと大容量なので、スマホやタブレットだけでなくノートパソコンでも使いたい人にオススメの製品です。
フルチャージするのに約3時間40分で完了するので素早くチャージして持ち運べるメリットもかなり魅力的。

特徴として「Power Delivery」規格に対応している。
最大出力が45WのUSB Type-Cポートと12WのType-Aポートを搭載しているため、接続された機器を高速で充電できます。

また、低電流モードも搭載されているのでワイヤレスイヤホンなどの小物にも適切な出力で充電してくれる安心設計。

DE-AC01-N5824BK

モバイルバッテリーとAC充電器が一体型になったタイプ。
なので、家ではスマホも充電しつつモバイルバッテリー自体も同時に充電してくれるからとても便利!
旅行や出張の時はこれさえあればどこでも安心して使えます!

合計2.4Aの高出力ポートが2つあり5,800mAhの容量でスマホ2台同時充電も可能。

DE-M01L-6400BU

6,400mAhと容量が大きめで2ポート合計で最高2.6Aと高い出力を搭載されているがコンパクトなので持ち運びに便利。

機種ごとに合った出力を選択してくれるのでバッテリーへの負担も少ない安心感も魅力的。
さらに、バッテリー自体への充電も約3時間40分でフルチャージと短いのも良い。

黒や白などの単色展開が多いが、この製品は6色展開なので好みの色 を選べます。

自撮り棒

友人や恋人、家族とちょっとしたお出かけや観光地への旅行で写真を撮って思い出を残す人も多いと思います。
そんな時に大活躍するのが自撮り棒です!

自撮り棒を選ぶにあたって、携帯性と使い勝手(取り回し等)、対応している機種が重要になってきます。
コンパクトに折り畳めて、使う時はすぐにセット出来るか。
iPhoneとAndroidどちらにも対応しているのか。

私も以前使っていたのですが、ネットで買った安物ノーブランド品だったので1回の利用で壊れました…。(荒く使ってないですよ)

旅行が好きなので行く前にお手軽な価格のエレコムの自撮り棒を購入して使ってみるとかなり使い勝手がよかったので紹介します。

P-SSYGBK

折り畳んだ時のコンパクトさは業界トップレベル!
ポケットに入れても大丈夫なコンパクトレベルであり、カナビラも付いているのでベルとループなどに吊り下げて持ち運びも可能。
なのに、最大62cmまで伸ばす事が出来て最大12人で一緒に写真が撮れます!

付属のケーブルをスマホのイヤホンジャックに接続し、手元のシャッターボタンを押すだけですぐに撮影可能とお手軽な使い勝手の良さも魅力的。
そして、なんと言ってもとにかく安い!
この機能でこの価格は驚きです!

 P-SSB01BK

最大100cmまで伸ばして最大15人まで一緒に撮れるかなり長めの自撮り棒。
同梱されているストラップを使って手首にかけたりバックにひっかけたり収納方法がたくさんあるのは嬉しい。
でも、ちょっとだけ背が高いからバックによっては入らないかも…。

Bluetooth接続のワイヤレスリモコンで撮影できるので、自撮り棒を持っていない方の手でボタンを押す事で手ブレを軽減して楽しく撮影できます。

iPhoneとAndroid両方に対応しているので、自分の機種だけでなく一緒にいる人のスマホでも撮影が気楽に出来るのも魅力の一つですね!

TH-SSBMPND

女性の好まれそうな「アイスブルー」「フューシャピンク」「スカーレットレッド」「ペールパープル」の5色展開で可愛らしい色合いが人気の製品。

折りたたむとスマホ程のサイズまでコンパクトに出来る驚きのサイズ感なので、ポーチにも軽々入ってしまいます!

手元にあるBluetoothワイヤレスリモコンは取り外して使う事で手ブレ防止に役立つ嬉しい機能。
さらに、鏡が付いてて確認しながら撮影出来るので最高の一枚をとる事ができます!

P-SSBRBK

iPhoneとAndroidどちらにも対応しているのはもちろん、Bluetoothワイヤレスリモコンで撮影可能。
この製品も折りたたむと驚きのコンパクトさになります。

「ブラック」「ホワイト」「アイスブルー」「ピンク」「フューシャピンク」「スカーレットレッド」「ペールパープル」の7色展開と豊富な色で男女問わずに使いやすい色合いです。

また、先ほど紹介した「TH-SSBMPND」と違い、グリップがシリコン製なので、滑りにくく更に安定した撮影ができます。

先端のスマホ取り付け部分が360°回るので縦、横、斜めと自由な角度の撮影が出来るのも魅力。

私が購入して使っているのはこの製品ですが、めちゃくちゃ使いやすいです。
正直、これは間違いなく買っておくべき製品と言えるでしょう!

まとめ

今や小学生からお年寄りまで持っているスマホをエレコムの製品を使ってより楽しく快適にスマホライフを送ってみてはいかがでしょうか?