Appleが米国内のApple Storeを5月初めまで休業を従業員へ通知

Appleが米国内のApple Storeを5月初めまで休業を従業員へ通知

Appleは、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により、米国内店舗の休業と従業員の在宅勤務を5月初旬まで継続することを従業員へ伝えたとBloombergが報じました。

現在、日本のApple Storeも休業が続いており、営業再開については「お近くのApple Storeは、追ってお知らせするまで休業いたします。」と、時期は未定です。

Advertisement

オンラインは利用可能

Apple Storeの休業は継続していますが、オンラインは利用できます。

MacBook AirやiPad Proなど、製品購入は公式サイトかApple Storeアプリから購入してください。

また、修理やサポートについては、サポートサイトか指定の番号へ電話をすればサポートが受けられます。

iPhoneは大手携帯3社でも購入可能

iPhoneは、au・docomo・Softbankのオンラインショップでも購入できます。

iPhoneを購入する際に

iPhoneを購入する際には、必ず現在使用しているスマートフォンのデータ移行をしておきましょう。

データ移行をしていないと、新しいiPhoneで今までのデータが見れなくなったり、アプリへログインできなくなってしまいます。思い出の写真が見れなくなってしまう…ということもありえます。

データ移行は難しそうと感じる方も多いかもしれませんが、手順を覚えてしまえば簡単です。

こちらの記事では、データ移行の方法を詳しく紹介していますので、ぜひ御覧ください。

Advertisement