【油断=落命】和製死にゲーの最新作「仁王2」

【油断=落命】和製死にゲーの最新作「仁王2」

2020年3月12日にコーエーテクモから発売されたPlayStation4(以下PS4)用ソフト「仁王2」は、海外や日本でも人気の高いフロム・ソフトウェアから発売されている「ダークソウル」シリーズでおなじみになって来たいわゆる「死にゲー」と呼ばれるジャンル。
「死にゲー」とは広大なフィールドに点在している敵(雑魚でも油断すると普通にやられます)を倒しながら経験値を集めつつボスを目指すアクションRPGなのですが、道中のギミックや敵が厄介なので文字通り死にながら進んで行きます。
死んだら終わりなのですが、それまで獲得した経験値等をその場に落とした状態で最後に立ち寄ったセーブポイントから再度チャレンジできます。
しかし、以前死んだポイントに置いてある経験値を拾う前に再度やられてしまうと全て無くなってしまうという緊張感ある仕様です。
獲得した経験値をセーブポイントでレベルアップし使えるので溜まったらすぐに使って強化しながら挑みます。
レベルの概念はあるのですが、どんなにレベルを上げてもやられるときはすぐやられるのでプレイヤースキルが重要です。

そんな高難度の「死にゲー」の「仁王2」のプレイ記事をいくつかかいていたのですが、今回は内容をまとめてみたいと思います。

物語

時は1555年、徳川家康により天下統一が成される幾らか前の時代。
人と妖怪の間に生まれた主人公は、美濃の国で暮らしながら、妖怪退治や傭兵に明け暮れていた。

ある日、主人公は凶暴な妖怪を討ち果たすも、その過程で自身の妖怪としての力も暴走してしまう。
そこへ駆けつけ、主人公の暴走を止めたのは“霊石”を売り歩く商人、藤吉郎。

二人が戦国時代を”仁王”の如く駆け上がる、「秀吉」の物語の幕開けであった。

二人は美濃の有力武将からの依頼を請け負う形で、霊石集めに励んでいたが、霊石を狙う者の襲撃に遭う。
追っ手より逃れる道中で、妖怪を目の敵にする謎の女「無明(むみょう)」を仲間に引き入れ、尾張へと落ち延びた彼らは、織田信長の家臣に取り立てられる。

桶狭間の戦い、墨俣城の建城といった場で、妖怪の力や霊石による軍勢の強化によって手柄を上げ、さらに蜂須賀小六などの仲間を増やした二人は、織田家中で次第に重きをなしていった。

順調に見えた二人の行く末だったが、その背後には”霊石”のもたらす大きな陰が忍び寄っていた――

仁王2公式HPより引用

新要素

戦闘システム

妖怪技

道中出てくる妖怪やボスを倒すと確率で魂代を落とす事がある。
これを装備することでその妖怪が使う技を繰り出すことが可能。
しかし、魂代は一度手に入れても社(チェックポイント)まで持って行かないと使う事ができないので、落命するとアムリタ(経験値)と一緒に失ってしまうので余計に死ねない。
スキルツリーの一つである半妖スキルはこの魂代を獲得する事でしか上げることは出来ないので、どんな妖怪からドロップしても必ず手に入れましょう。
この妖怪技は妖力ゲージを消費して使用するので連発は出来ないが、ピンチの時は起死回生になるのでここぞという時に使いましょう。

守護霊タイプ

前作では1種類しかなかったが本作では3種類の守護霊のタイプがある。
守護霊タイプによって使える特技と妖怪化した時の姿や攻撃方法が変わる。

「猛」

「猛」の守護霊を宿して妖怪化した姿。
鬼の様な姿で巨大な大槌を振りかぶって攻撃するまさしく脳筋スタイル。
トドメの時に使うとゴリ押しで勝てます。

強力な一撃を放ち、敵の大技を発動前に阻止出来る。
成功すると大きな気力ダメージを与えられる。

「迅」

素早さと手数に特化した「迅」の守護霊を宿して妖怪化した姿。
人間離れした素早さを発揮し、一瞬で間合いを詰めて目にも止まらない連撃で圧倒する。

一時的に妖怪の姿になり、残像を残して素早くダッシュする。
前方にダッシュしている場合、残像に敵の大技が触れるとその敵に追撃して大きな気力ダメージを与える。

「幻」

「幻」の守護霊を宿して妖怪化した姿。
不思議な力を操り、携えた武器を意のままに形を変えて敵に飛ばして攻撃し、再び手元に戻ってくる。

一時的に妖怪の姿になり、防壁を展開して敵の攻撃を受け止める。
タイミングよく受け止めると、相手を怯ませて大きな気力ダメージを与える。

新武器

手斧

両手に持った手斧で手数で攻めたり、敵に手斧を投げつけて攻撃出来る。
遠距離攻撃がスキルで使えるのは魅力だが、ちょっと癖の強い武器。

薙刀鎌

上段だと大きな鎌、中段では攻撃範囲の広い薙刀、下段は大型武器なのに攻撃速度がめちゃくちゃ早い鋸と、構えによってそれぞれで武器の形状と攻撃方法が変わるトリッキーな武器。
私自身も主武器として使ってますが使ってて楽しすぎます!
サブは旋棍で気力ゲージを削りたい時は切り替えて手数で押し切ってます。

守護霊

物語に登場する人物から分霊という形で種類が増える守護霊ですが、妖怪化した時に使える守護霊技も強力です。

勇魚神(いさながみ)

鯨の様な姿の守護霊。
守護霊技は勇魚神が目の前の地面から飛び上がり前方になだれ落ちて効果の高い水属性の状態異常を起こさせる事ができる。

白澤(はくたく)

ヤギの様な姿の守護霊。
白澤が放ったゆっくり飛ぶ雷球が敵に当たると爆発して広範囲の敵にダメージを与える事ができる守護霊技は多数の敵との戦闘時に効果的。

白蝮(しろまむし)

白い神秘的な雰囲気のある蝮の様な守護霊。
出現した白蝮が何度も円状に回る守護霊技は、円内にいる敵に毒を与える。
更に回りながら上昇する時に上手く敵に当てる事が出来れば落下した敵はダウン状態になり追い討ちをかける事ができる。

玄武(げんぶ)

東西南北を守る四聖獣の一体として出てくる亀の様な姿の守護霊。
玄武自身が体当たりし、その後に繰り出される激しく吹き上がる水柱の守護霊技は一対一でも複数の敵との戦闘でも役立つ。

糸繰(いとくり)

大きな蜘蛛の様な守護霊。
守護霊技は跳ね回って水属性のダメージを与えつつ地面に蜘蛛の糸を残す。
この糸に敵が触れると移動速度が大幅に低下するのでゴリ押しチャンスになる。

九尾(きゅうび)

九つの尾を持つ狐の守護霊。
五つの狐火を放ち壁をすり抜けながら扇型に広がるので広範囲の敵にダメージを与える事ができる守護霊技は強力。

八咫烏(やたがらす)

三本の足を持ち、神の使いと言われているカラスの守護霊。
この八咫烏の守護霊技は、八咫烏が高速で突進して上空に舞い上がる。その後3方向に炎の衝撃波を放つので全部当たればかなりのダメージを与える事ができる。

比翼鳥(ひよくどり)

二つの頭を持つ鳥の守護霊。
守護霊技は二つの頭の口から噴き出される水属性の息は前方左右から挟み込むように動き、上手く両方当てる事が出来れば高威力のダメージを与える事ができる。

薄氷蝶(うすらひちょう)

雪の結晶の様な蝶の守護霊。
無数の薄氷蝶を呼び出して範囲内の敵に水属性の攻撃をしかける守護霊技は水属性の状態異常に持ち込みやすい。
水属性状態異常は被ダメージが増加するので強敵に初劇で当てると楽に攻略しやすくなる。

六牙象(ろくげぞう)

名前の通り6本の牙を持った象の守護霊。
守護霊技は広範囲に雷属性の攻撃を繰り出す。

真神(まかみ)

狼の姿をした守護霊。
山の神の眷属としても知られ、田畑を荒らす害獣を狩る事から収穫や財産を守る聖獣として崇められ火除けのご利益もあるとされている。

影鰐(かげわに)

サメのような姿の守護霊。
祟り神の一種で、海面に写った人の影を飲み込むと言われており、影を飲まれた人は近いうちに死を迎えるとされている。

天御鳥(あめのみとり)

雷光をまとって飛ぶ鷲の姿をした守護霊。
雷神の使い、もしくは神そのもそとみなされ太古に日本各地に稲をもたらし、その実りを見守ってきたと信じられている。

登場人物

主人公(秀の字・秀千代)

人間と妖怪の間に生まれた半人半妖で、プレイヤーの分身として操作して物語を進んでいく。
前作「仁王」よりも細かくキャラクターメイキングが出来るので自分に似せるも良しネタキャラにするも良し。
私はこのキャラメイクだけでかなり時間使いました。

藤吉郎

霊石を商う、野心溢れる行商人。
主人公の妖怪の力の暴走を抑える、不思議な能力を持つ。
守護霊は、日吉大社に祀られる山王権現の使いでもある「真猿(まさる)」

声:竹中 直人

仁王2公式HPより引用

出世欲が強く軽薄そうな印象でしたが憎めないキャラです。
声の竹中直人さんの声とキャラが合ってて私の好きなキャラクターの一人。

無明

無明(むみょう)は、妖怪を狩る一族「ソハヤ衆」の頭領の名。
守護霊「八百波姫(やおなみひめ)」は、不幸な出来事により人魚に変じた古の姫君だとされる。

声:波瑠

仁王2公式HPより引用

綺麗なだけでなく「ソハヤ衆」の頭目としての強さもあるので、ミッションで同行する時は壁役としてお世話になりました。

織田信長

若き日の織田信長。奇抜な振る舞いや服装を好み、うつけと呼ばれた。服装の各所に南蛮趣味がうかがえる。

守護霊は「豹尾神(ひょうびしん)」。不浄を決して許さない苛烈な神、三宝荒神の化身だという。

声:井上 和彦

仁王2公式HPより引用

視野が広く有能な人物は身分に関わらず引き入れる姿は史実通りのキャラですね。
織田信長はどんなゲームに出てきても好きなキャラです。

濃姫

斎藤道三の娘で、織田信長の正室。
凛とした美しさと威厳を備えた女性で、氷のように冷たいと思われることもあるが、夫の信長を深く愛している。
守護霊の薄氷蝶(うすらひちょう)は、死者の魂との関わりが深いという。

声:田中理恵

仁王2公式HPより引用

今川義元

東海道の大部分を支配下におさめ、海道一の弓取りと称えられる大大名。
信長の天下統一への道に立ちはだかる、巨大な壁と言える存在。

声:中尾隆聖

仁王2公式HPより引用

「仁王2」の最初の人間ボスとして登場。
海道一の弓取りと言われる様に雷属性の矢を降らせる攻撃や薙刀と二刀を切り替えながら近距離戦を仕掛けてきます。
なかなか攻撃が読めずにかなりやられました。

柴田勝家

織田家の重鎮。
「鬼柴田」「かかれ柴田」「瓶割り柴田」と複数の異名を持つが、いずれも彼の勇猛さを示すものである。
ルイス・フロイスも「信長の時代の日本でもっとも勇猛な武将であり果敢な人」と評している。
守護霊は猪笹王。

声:磯部勉

手斧を武器として人間状態と半妖状態の2パターンでボスとして登場する。
人間パターンは気力切れを狙ってゴリ押しすれば結構余裕で勝てた印象だが、半妖パターンは妖力切れを起こしやすいが突進が厄介でいつの間にかやられていたことが多かったです。

前田利家

槍の名手。
血気盛んな傾奇者として知られ、派手な作りの長槍を携えて町を練り歩き「槍の又左」と異名をとった。
守護霊は送り犬。

声:檜山修之

仁王2公式HPより引用

異名の通り出が早く広範囲の近距離戦が厄介なボスとしても登場。
ゴリ押し作戦でいくと連撃を受けて即落命。

蜂須賀小六

川並衆の顔役。
川並衆は墨俣一帯に棲む和魂妖怪が緩く連帯した、一種の互助組織である。
小六はあやかしの血を引いており、体の各所に河童に似た特徴を持つ。

声:三宅健太

仁王2公式HPより引用

鎖鎌と鎌鼬を使った広範囲で避けにくい攻撃をしてくる。
特に鎌鼬はリーチが長くなかなか慣れずボコボコにやられました…。

真柄直隆

朝倉家の家臣。
五尺三寸(およそ160cm)もの大太刀、太郎太刀を軽々と振るった怪力の猛将として知られる。
姉川の戦いでは単騎で徳川勢に突撃し、十二段構えの陣立てを八段まで突き破ったという。

声:山本格

仁王2公式HPより引用

近寄れば大太刀を振り回し離れれば氷属性の遠距離攻撃を仕掛けてくる。
遠距離は動きを見れば避けるのは難しくないが、大太刀振り回しは一度食らってしまうと連続で受けるので落命しまくりでした。

服部半蔵

徳川家康に仕える忍者。
本名は正成(まさなり)。
通称の半蔵は、伊賀国(現在の三重県西部)の忍び衆の頭領が代々受け継ぐ名のひとつ。
伊賀衆を指揮して隠密活動に従事する一方、武将としても活躍。槍の達人であり、その武勇は“鬼の半蔵”と称されるほどだった。

声:森川智之

仁王2公式HPより引用

忍者だから鎖鎌で闘うと思いきや槍が主武器。
予想外の武器に驚きました。

本多忠勝

徳川家康配下の戦国武将。
通称は平八郎(へいはちろう)。
特に功績の大きかった四武将の一人として、徳川四天王に数えられる。
徳川家に代々仕える譜代の家臣で、群を抜いて戦功めざましく、圧倒的に不利な戦況でも敵勢を驚かすほどの見事な撤退戦を演じ、“家康に過ぎたるもの”と高く評価された。

声:玄田哲章

仁王2公式HPより引用

サブミッションで一騎討ちで闘う武将。
離れた位置から一気に間合いを埋めてくる突き突進は技の出を見て回避ができないスピードです。
頑強なので怯まずに攻撃しくるのでヒットアンドアウェイで慎重にいくのがいいです。

雑賀孫市

紀伊国(現在の和歌山県)を本拠とする雑賀衆の頭領。
孫一とは雑賀衆の頭領が代々受け継いだ通り名で、本名は鈴木重秀(すずきしげひで)。
前作で登場した重朝(しげとも)の先代にあたる。
雑賀衆は依頼を受けて各地へ派兵する傭兵集団で、鉄砲や抱え大筒など砲術に長けた。
戦は金次第で引き受け、特定の主君を持たない。
依頼を受けて石山本願寺に籠もり、織田信長とは熾烈な攻防戦を繰り広げたという。

声:加瀬康之

仁王2公式HPより引用

銃での変則撃ちや守護霊を使った瞬間移動で接近してきたりとトリッキーな攻撃が多いが、攻撃自体は読みやすいのでそこまでてこずる事なく撃破できた。

お市

織田信長の妹。
尾張清洲城に暮らし、その美貌は傾国と噂された。新たに織田家に取り立てられた藤吉郎と主人公の活躍を見守る。
のち兄、信長の意向により、近江国(現在の滋賀県)の浅井長政に嫁ぐことになる。

声:園崎未恵

仁王2公式HPより引用

斎藤利三

明智光秀の家臣。
光秀と同じ美濃国(現在の岐阜県)の出身だが、正確な出自には諸説ある。
美濃斎藤家に陪臣として仕えたのち、光秀の配下となった。
光秀に重用されて明智家の筆頭家老として活躍。
四国の大名、長宗我部元親に妹が嫁いでいた縁で、織田家と元親の仲介役も果たした。

声:小山力也

仁王2公式HPより引用

松永久秀

大和国(現在の奈良県)を本拠とする戦国武将。
通称は弾正(だんじょう)。
主家である三好家を圧倒して当主を亡き者にしたほか、足利将軍家を京から追放するなど、梟雄(きょうゆう)と呼ばれるに相応しい非道を用いて畿内を席巻した。
裏切りをためらわず、奸計に長ける反面、茶の湯などを愛する風流人で、高価で貴重な茶器を多数目利きして掘り出し、所蔵したという。

声:千葉繁

仁王2公式HPより引用

浅井長政

近江国(現在の滋賀県)の戦国大名。
尾張から美濃へと進出した織田信長と同盟を結ぶため、信長の妹、お市を妻に迎えた。
信長の義弟として厚い信頼を受けていたが、突如裏切り、越前の朝倉攻めに向かった信長を急襲する。

声:興津和幸

仁王2公式HPより引用

わかりやすい大技で突進とよくしてくるので、カウンターを合わせやすく妖力ゲージを削りやすい。
その後、追い討ちをかけて大ダメージを与えるをコツコツとしてたらあっけなく倒せる。
私が唯一0落命で倒せたボス。

明智光秀

織田家の家臣。
美濃国(現在の岐阜県)の出身とされるが、確かな出自は不明である。
斎藤家が滅んだ際、織田信長にその才を見出されて仕えることになった。
織田家に加わってからは高い教養と軍才をもって信長の信頼を獲得し、新参ながら異例の出世を遂げた。

声:三上哲

仁王2公式HPより引用

斎藤道三

美濃国(現在の岐阜県)の元戦国大名。
下剋上によって大名の座を勝ち取った野心家で、“美濃の蝮”の異名をとる。
尾張の織田家と争っていたが、娘の濃姫を織田家の嫡男、信長に嫁がせることで和睦し、美濃の支配を確かなものとした。
今は家督を子の義龍に譲り、隠居の身となっている。

声:山路和弘

仁王2公式HPより引用

深芳野

謎めいた美しい女妖怪。
主人公と二人、静かに暮らしていたが、ある日、錫杖を持った謎の男に襲われる。
深芳野は最後の力を振り絞り、主人公に小刀を託した。

声:井上喜久子

仁王2公式HPより引用

竹中半兵衛

美濃国(現在の岐阜県)の武将。
はじめ斎藤家に仕え、織田家の美濃侵攻をよく防いだ。
主君を諫めるために、僅かな手勢のみで斎藤家の本城、稲葉山城を占拠したことがあり、稀代の智将として知られる。

声:内田夕夜

仁王2公式HPより引用

千利休

秀吉に仕えた茶人。
元は堺の商人。
武野紹鴎(たけのじょうおう)に師事して茶の湯を究め、のちに茶聖と称された。
はじめ織田信長に召し抱えられ、信長の死後は豊臣秀吉に仕えて側近となる。
茶の湯を政治的に利用する信長や秀吉の政策の中心に置かれ、利休は多くの大名に影響力を持つに至った。

声:羽佐間道夫

仁王2公式Hpより引用

斎藤義龍

美濃国の戦国大名。
斎藤道三の嫡子。
道三の隠居に伴い、家督を継いで稲葉山城主となった。
しかし、父の道三とは敵対。道三は娘の濃姫を信長に嫁がせて織田家と同盟を結んでいたが、この義龍の行動により再び美濃と尾張は争うことになる。

仁王2公式HPより引用

猛・迅・幻の3パターンの攻撃を仕掛けてくる。
武器もそれぞれ大太刀、二刀、薙刀鎌と間合いも攻撃方法も変わってくるので非常に苦戦したボスの一人。
最終的には猛の状態の時に気力ゲージをゴリ押して削って追い討ちする脳筋戦法でなんとか勝てたが投げ出しそうになるほど勝てなかった…。

果心居士

錫杖を携え、禍々しく輝く赤い瞳を持つ僧形の怪人。
過去に主人公を襲って重傷を負わせているほか、さまざまな事件の影で暗躍する。その正体は謎に包まれている。

声:大塚芳忠

仁王2公式HPより引用

敵は人間(忍者や野武士)と妖怪の二種類います。

人間タイプは槍や小野などの武器を使って攻撃してきます。
足軽などの雑魚は一対一ならほぼ負けませんが、油断すると簡単に落命します。
人間は主人公と同じ様に気力ゲージがあるので、敵の攻撃をガードしたり攻撃をしかけてきて気力ゲージが減ったところに攻撃して気力ゲージを0の状態(ダウン)にして組討ちで大ダメージを与える事ができます。

妖怪タイプは妖力ゲージを持ち、攻撃を仕掛ける際の増減はありません。
こちらから攻撃して徐々に削っていきダウン状態に持ち込めば弱攻撃でも怯んだりダウンするので追い討ちをかけて倒します。
しかし、妖怪が発する常世は妖力ゲージが回復してしまうので、主人公の気力回復させる「残心」ですぐに消すのがオススメです。

まとめ

前作よりも増えたシステムや戦略を自分流に組み上げて好きな武器で最速攻略を目指すのも良し、全武器をマスターしてコンプリートするのもあり、と自由度が高く高難度のゲームだからこそ強敵を倒せた時の達成感は凄まじいです。
私はだいたい各ボスに10回前後やられていますが、あの達成感の為に挫けずに頑張って攻略中です。(笑)
発売から1ヶ月半程経っていますが、ステイホームを呼び掛けられているGW中にプレイしてみてはいかがでしょうか。

「仁王2」よりも前に発売された更に高難易度のフロム・ソフトウェアから発売された「SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE」もオススメです。
こちらは2019年度の日本ゲーム大賞で優秀賞を受賞しているかなり人気のタイトルです。
PS4本体をまだ持ってない人も今はかなり安くなっているのでお買い得です!