【どちらが得!?】iPhone SEがワイモバイルとUQmobileから登場!!オンラインか店頭どちらで購入するべきか!?

【どちらが得!?】iPhone SEがワイモバイルとUQmobileから登場!!オンラインか店頭どちらで購入するべきか!?

 2020年5月11日に、「iPhone SE」の後継モデルの「iPhone SE 第二世代」が発売されました。
Apple Storeをはじめ、NTT docomo、KDDI、SoftBankから販売スタートしましたが、低価格ブランドのワイモバイルとUQmobileでも2020年8月27日より登場しております。

わたしたち販売員も、ワイモバイル、UQmobileでのお仕事の際には、iPhoneは「iPhone 7」までしか登場しておらず、乗り換えや機種を新たに買うことを検討されているお客様へ最適な提案ができないことがありました。
iPhone SEが発売されたため、iPhone 8が入荷するのかと推測しておりましたが、まさか今年発売されたばかりの「iPhone SE」が登場するとは思ってもいなかったです。

そこで各社の「iPhone SE 第二世代」の端末代金を調べてわかったことをこちらの記事で紹介します。

端末代金以外での店頭とオンラインショップの大まかな違い!!
【オンラインショップの場合】
・事務手数料無料
・待ち時間なし

【店頭の場合】
・不明な点はすぐにスタッフへ確認できる
・店舗によってはデータ移行をしてくれる

iPhone SE 第二世代のスペック情報

 見た目は「iPhone 8」とほぼ同じでありますが、システムチップは「iPhone 11」と同じものとなっております。

機種
カラー

ブラック/ホワイト/レッド

ストレージ容量 64GB/128GB/256GB
ディスプレイ

4.7インチ

Retina HDディスプレイ/IPSテクノロジー搭載4.7インチ(対角)ワイドスクリーンLCD Multi‑Touchディスプレイ/1,334 x 750ピクセル解像度、326ppi/1,400:1コントラスト比(標準)/True Toneディスプレイ/広色域ディスプレイ(P3)/触覚タッチ/最大輝度625ニト(標準)/耐指紋性撥油コーティング/拡大表示/簡易アクセス

サイズと重量 高さ138.4mm/幅67.3mm/暑さ7.3mm、148g
システムチップ A13 Bionicチップ
メインカメラ 1200万画素広角カメラ/シングルカメラ/ポートレートモード/自動手ブレ修正/
インカメラ 700万画素/ポートレードモード
ビデオ撮影 4Kビデオ撮影(24fps,30fpsまたは60fps)
認証方法 Touch ID(指紋)
SIMカード デュアルSIM(nano-SIMとeSIM)
防水/防塵 IP67
コネクタ Lightningコネクタ、イヤフォンジャックなし
バッテリー ビデオ再生最大13時間、オーディオ再生最大40時間

iPhone SE 第二世代の端末代金(オンラインショップ編)

ストレージ64GB

Apple  docomo au  SoftBank ワイモバイル 

UQ
モバイル

端末代金

49,280円 57,024円 55,270円 57,600円 57,600円 55,270円

機種変更割引後

49,280円 57,024円 55,270円 57,600円 50,400円 43,560円

新規割引後

49,280円 57,024円 44,270円 57,600円 39,600円 35,640円

乗換え時の端末割引後

49,280円 35,024円 33,270円 36,000円 39,600円 35,640円

ストレージ128GB

Apple  docomo au  SoftBank ワイモバイル 

UQ
モバイル

端末代金

54,780円 62,568円 61,250円 64,080円 64,080円 61,250円

機種変更割引後

54,780円 62,568円 61,250円 64,080円 56,880円 49,540円

新規割引後

54,780円 62,568円 50,250円 64,080円 46,080円 41,620円

乗換え時の端末割引後

54,780円 40,568円 39,250円 42,480円 46,080円 41,620円

※ワイモバイル のiPhone SE ストレージ128GBは9月11日に発売されます。

Y!mobileオンラインショップ
UQmobileオンラインショップ

ストレージ256GB

Apple  docomo au  SoftBank ワイモバイル 

UQ
モバイル

端末代金

66,880円 75,240円 75,215円 78,400円

機種変更割引後

66,880円

75,240円

75,215円 78,400円

新規割引後

66,880円

75,240円

64,215円 78,400円

乗換え時の端末割引後

66,880円 53,240円 53,215円 56,800円

価格は全て税込表記

iPhone SE 第二世代の端末代金(店頭版)

店頭で手続きを行う場合は、販売店にもよりますが下記の割引があります。

  各社それぞれ
機種変更 なし
新規契約 20,000~22,000円の割引
乗換え 20,000~22,000円の割引

販売員の経験上、なにもお客様からの発信がなければ割引額を提示することはありません。
そのため、「特典はありますか?」と聞くのがベストですが、オンライン版の割引金額をご覧にいただくと分かる通り、金額面で考えると店頭で行うメリットがありません。

事務手数料、機種頭金、待ち時間、、などデメリットな点がいくつか挙げられますので、抵抗がなければオンラインの手続きで行うのが良いでしょう。

iPhone SEを購入するなら

UQmobileがオススメです。
端末代金も一番割引率が高く、毎月の利用料金も下記のようなプランなため、お子様やサブ機としてもランニングコストを抑えて利用いただけます。

スマホプランS スマホプランR

月額料金

1,980円 2,980円

家族割適用時

1,480円 2,480円

データ量/月

3GB 10GB

通話プラン
10分かけ放題

+700円 +700円

通話プラン
かけ放題

+1,700円 +1,700円

UQmobile オンラインショップ

まとめ

各社それぞれオンラインショップや店頭など競合に負けないように、割引をして販売につなげていますが、2019年10月以降から電気通信事業法の改正で、過度な割引に対して、指導が入りどこのキャリアも上限20,000円までの割引しか適用できなくなっています。

通販の需要の高まりで、オンラインショップで携帯の手続きをすることに抵抗を持つ方も徐々に減ってきており、今後ますます店頭の在り方が難しくなってきそうです。